ライトノベルにありがとこー

読書した本について感想を書いていくブログです。 自称偏読家。

『カノジョの妹とキスをした。』感想

こんにちは、とこーです。

先日、このラノの協力者に選んでいただけた事にかこつけて、これまで買ってなかったラブコメを買っては読んでいます。

本日は不純愛ラブコメということで話題になっていた『カノジョの妹とキスをした。』の感想を書いていきます。

カノジョの妹とキスをした。 (GA文庫)

カノジョの妹とキスをした。 (GA文庫)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは行きます。

ストーリーは大雑把に言うと、『彼女の生き別れの妹が義妹になったよ』という感じ。もう、この時点で不純愛過ぎてやばいですよね。というか、タイトルの時点でアレですが。

ピュアピュア甘々な純愛ストーリーがある中で、この作品はそこに徹底的に水を差しに行くようなストーリーでございます。

 

そんなストーリーだからかなり重くて読んでると鬱々とするのかなぁと、思っていたんですが、まったくそんなことはなく。むしろ、スラスラ読める、非常に読みやすいストーリーでした。不純愛な点を除けば、ピュアピュア甘々な純愛ストーリーと、大差ない感じです。

そういう意味では、甘々なラブコメの流行りを見事に活かしている、という気がします。その流行りに単に乗っても勝ち抜いていけそうなのに、あえて毒を入れる。こういう作品があるからこそ、流行りやテンプレって映えるのではないでしょうか。

 

全体を通して思うのは、今後、主人公の内面がどう描かれていくのか、ということです。ちょいちょいかっこいい所は見せつつも、情けないというか普通にいじられ弱い部分もある。そんな彼がかっこいい所を見せてくれればくれるほど、この不純愛が毒を増す気がします。というか、普通にそれが性癖。

 

なんといっても、ラストシーンはやばかったですからね。『カノジョの妹とキスを』するというぴったり1巻のラストでタイトル回収するあたりがにくい。こんなの、続きが気になるに決まっているじゃないですか。2巻までの数日が待ち遠しい。

 

倫理観とかそういうのをグズグズに溶かしてしまうような作品でした。

それでは読んでくださってありがとこーざいました!