ライトノベルにありがとこー

読書した本について感想を書いていくブログです。 自称偏読家。

「このライトノベルがすごい!2021」について話すコーナー!

こんにちは、とこーです。

最近は多忙すぎてめっきり記事が書けていないのですがもちろん、このラノについては書いていきますよ!

このライトノベルがすごい! 2021│宝島社の公式WEBサイト 宝島チャンネル

 

 

私とこー、今回はなんと協力者枠として参加させていただきました。

そんなわけで、その辺のことも語って行くつもりです!!!

 

 

自称しているように私は偏読家なので、ランキングに入った作品全てを語ったり、業界分析をしたりすることはできませんが、それでも語りたいだけ語っていきますよ!

 

 

①1位はなんと……!

まずはなんと言っても、1位にランクインした作品の話ですよ!

単行本・ノベルズ部門に関しては残念ながら1冊も読んでなくて語れないので、文庫本部門の方を。

 

そう、「千歳くんはラムネ瓶のなか」が1位ですよ!!!!!!!

 

推していた作品が1位にランクインすることの、この嬉しさが半端ない!

軽く泣きましたからね、マジで。それくらい嬉しかったですし、2位以下とのポイントの差を見て、さらに泣きました。

 

もちろん、冷静かつ客観的に分析をすれば、色々とあると思います。

でもそんなことは飛び抜けても、やっぱりチラムネは最高ってことだと思います。

考えてみても、2巻~4巻は1巻とは雰囲気が違いました。特に3巻以降は、ただでさえ大好きだったチラムネがさらに一皮剥けたのだと思うくらいの衝撃でした。

そういう意味でも、チラムネの本番とも言える2巻以降が発売した今回、1位になれて、ファンとして嬉しいです!

ところでそんなチラムネの作者である裕夢先生のインタビュー記事はごらんになりましたでしょうか?

もうね、あれだけ見てもすごい読み応えがあります。これまでTwitterなどで発信なさっていたことも多々ありますが、その他にも色々と話が出てて、超いいですよ。

 

②他の作品を見てみると……

文庫部門の他の作品も見てみましょう。

私が読んでいる(追っかけている)作品というと、上位40位に入っていたのは

ようこそ実力至上主義の教室へ

「継母の連れ子が元カノだった」

弱キャラ友崎くん

「カノジョの妹とキスをした」

「妹さえいればいい」

「現実でラブコメできないとだれが決めた?」

「豚のレバーを加熱しろ」

「─異能─」

でしょうか。

その他、途中で断念してしまった作品などもあるのですが、こういう結果を見ると再チャレンジしたくなるものです。

 

個人的にはよう実が3位だったのが意外でした。

先日430万部突破したとの話も出ていましたし、今年は1位をとるのでは、と思っていたくらいです。

ただこちらはWebアンケートの方でのポイントは1位とのこと。

この辺りの話を細かく考察するつもりはないのですが、人気なのは間違いなしですね。

ちなみに私は2年生編3巻はお預け状態です。4巻が出るまで我慢しています……。

 

その他、私が好きなラブコメも多々ありました。

どれも2巻が楽しみな作品ですし、来年のこのラノはまた違った結果になる予感がびしばししますね。

 

そして、その他のファンタジー系。

私「おお!」と思ったんですが、異能が今回はいってるんですよね。

この作品は本当に凄かったですけどシリーズものでは無いので入るか懸念してましたが、入ってよかった!

これを機に、もう1回読み直したくなってきましたよ。

 

 

その他、ランキングを見てて、天使様には手を出して行きたいなぁと思いましたね。

Webで満足しちゃってたんですが結構プラスされているところもあるみたいですし、これはもう、読むっきゃないなぁと思います。

スパイ教室はこれまでなかなか手が出てませんでしたが、こちらも気になるところ。

なかなか予測できない空気感があるので迷ってるんですが、いずれは読んでいきたいものです。

あとはたんもし。

こちら、2巻まで読んでやめちゃってたんですけど、これを機に再開してみようかなぁとも思います。

 

 

③それじゃあ私が投票した作品は……

私が投票した作品に移りましょう。

私が投票したのはこちら⤵︎ ⤵︎

1位 千歳くんはラムネ瓶のなか

2位 現実でラブコメできないとだれが決めた?

3位 俺がラブコメ彼女を絶対に奪い取るまで。

4位 継母の連れ子が元カノだった

5位 夢見る男子は現実主義者

 

もう、趣味全振りワガママコンボって感じの投票でございます。

順位については迷ったんですが、何を入れるかって言うのはほぼ迷いませんでしたね。

どの作品も、本当に主人公を愛せる作品です。

これ、このラノにも書いたんですけど、本当に主人公が好きなんですよね。

 

俺ガイルからラノベ沼に浸かり始めた私は最初の頃は「主人公は自己投影できるやつがいい」って思っていたんですが、最近はその辺も変わりました。

これはそもそも俺ガイルの主人公、八幡への認識の変容もそうですし、チラムネの朔のような存在のおかげでもあります。

 

だからこそ、「友達になりたい」と思ったり、「こんな風になりたい」と憧れたりできる主人公が登場する作品を選んだつもりです。

もちろん、そもそもラブコメ好きなのでそれ以外はあまり読めてないっていうのはあるのですが。

 

 

ともあれ、こんな偏読家が「好きだ」という作品ですので、広く読める方からしたらもちろん楽しめる作品と言えます。

なのでまだ読んでいない方は、ぜひ買ってくださいね!!

 

 

と、こんなところで。

今試験やら学校の活動やらで本当に忙しいのですが、12月からは時間ができる予定です。

そしたらちょこちょこ更新していきます。

 

そんなわけで、読んでくださってありがとこーざいました!