ライトノベルにありがとこー

読書した本について感想を書いていくブログです。 自称偏読家。

『俺がラブコメ彼女を奪い取るまで。2』感想

こんにちは!!

あと数日でテストから解放される喜びに浸っている、とこーです!

本日7/17は、なんと言ってもラノベが豊作の日です!!

というわけでまずはそのうちの1作、『俺がラブコメ彼女を奪い取るまで。』通称奪ラブの2巻の感想を書いていきます!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それではいきます。

1巻によって、基本的なベースがはっきりと示された今作。マジで前回はプロローグとして見ると、今回のお話はするりと楽しめるのではないかと思います。

 

今回の舞台は体育祭でございました。

その体育祭に向けて、成瀬和臣はラブコメ彼女略奪の作戦を立てていくわけです。

で、読んでいて思ったのですが!

『和臣が勘違いしている』『ヒロインたちは互いに牽制し合いながら押せ押せでやっている』『けれどお互いに気遣いあってるヒロインたち』という構図が、あまりにもベストマッチ。

ハーレムものなのにハーレムものじゃなくて、むしろ痛みのようなものがありつつも応援したくなる! そんな感じがあって、とてもよかったです。

 

1巻よりも大まかま舞台設定の説明に時間が取られていない分、各ヒロインとの触れ合いが描かれているのもポイント。

諸々のところを見ていると、『あ、これマジで和臣のこと好きなんだな』っていうのもわかって、全力で歯がゆくなるんです。

で、行事が挟まることによって和臣自身が『あ、普通にまじ凄いんだな』というのも伝わってきました。

というか、もう色々と努力しててそれが大変なのは分かるんですけど、全てが和臣の日常に組み込まれすぎてて『かっこいい!!』的な演出にすらならないんですよね。

ブコメを徹底的に卑屈に見た結果がこれ、というか。

もう鈍感って言うより、感覚がねじ曲がってるのではと疑いたくなるレベルです。

 

3ヒロインの描写とかもちょいちょいなされてきてますが、今回でかかったのは黒日奈でした。お姉さんまで出てきたし、後夜祭も一緒になってますし。

そうなると、どうなんでしょうね。もう雰囲気的には絶対、和臣が黒日奈と付き合う流れなんですよ。

別にそれでもいいにはいいのですが、何かそこのところに工夫があると、この作品のステージが1つ上がるのでは? とも思ってます。

何より、黒日奈自身、ヒロインの間だけでですけど、コソッと、言ってましたし?

無茶苦茶続きも気になるなーと思います!!

 

 

それでは、ここまでで。

次のラノベを読めるこの幸せをかみ締めながら。

読んでくださってありがとこーざいました!