ライトノベルにありがとこー

読書した本について感想を書いていくブログです。 自称偏読家。

『現実でラブコメできないとだれが決めた?』試し読みしたので語る

こんにちは、とこーです。

やばいっすね、もう7月も3分の1ですよ。自分の試験期間も、ようやくラスト1週間なのでもうすぐラノベが思う存分読めそうです。

 

 

さて、そんな今日この頃ですが、『現実でラブコメできないとだれが決めた?』通称ラブだめの試し読みが公開されていたので、読みましたよ!!!!!

 

 

さて、それでは試し読みを語っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それではいきます。

一言で言えば、ガガガのラブコメ感が溢れ出まくっていた作品でした。

試し読みで読めるのは約100ページ。

ですが、そもそもの開始30ページほどだけで、呼吸困難になるかと思うくらいに笑いました。

こんなラブコメ、他にない──というより、こんなラブコメが増産されたらラノベ界はおかしな方向に行く! と思うくらいに、クレイジーな作品です。

 

全体として一貫しているのは、青春ラブコメへの並々ならぬ愛の深さと言えるでしょう。

ガガガラブコメに関してはバンバン作品名出しますし(特に最近はやりの二大作品とか100ページ時点で出まくってたんですが)、その他もばっちり最近はやりのラブコメを匂わせ取り入れ、パロります。

そういうところは冴えカノに似てるかも。

ですが、この作品の場合には『ただのパロディ』として以上の働きを持ってるなぁと感じました。

 

主人公が憧れ、励まされるラブコメ。それは読者の我々がよく知っている作品で、だからこそ主人公という存在への親しみを心から感じる。そんな効果を計算に入れてるならすげぇです。

 

 

で、そういう方面以外の話をすると。

この作品、マジで頭おかしいですよ。何よりまず、主人公が狂気すぎる。

なんだか努力の方向を圧倒的に間違えてるところに、異世界モノの雰囲気を感じました。もうなんか、それだけで面白い。

ある意味、この作品はチラムネとは別方向で現実版俺Tueeeなのかも、と思わなくないレベルですよ。

で、更に主人公は『こいつまじ分かってる!』ってなるくらい、青春ラブコメへの愛があるのでものすごく面白いし、好きになります。いっぱい飲みたいですよ。飲むのはマッ缶かラムネがいいな。

 

ヒロインの可愛さとかは──本編を読んでから語ると致しましょう。

まじでね、試し読みの続きがむちゃくちゃ気になる作品です。他のガガガラブコメ同様、続刊出てほしいな、などと今から思ったり。

あと、PV!

あれもかっこよかったんで、是非見てください。買いたくなりますよ、あれ。

 

とりあえずはこんな感じで。

個人的に買っていただきた1作ですので、ぜひご購入ください!!

 

それでは読んでくださってありがとこーざいました!!