ライトノベルにありがとこー

読書した本について感想を書いていくブログです。 自称偏読家。

「弱キャラ友崎くんLv.9」感想

お久しぶりです、とこーです。

ここ最近は偏読家として、感想を書けるラノベに出会えていなかったのですが、今日は別です。

友崎くん、9巻!

読みましたので感想を書いていきます

弱キャラ友崎くん Lv.9 (ガガガ文庫)
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いきます。

8巻から続いた今回、早速、菊池さんとのあれこれがありました。

一見するとただ被害者だったように見えた友崎くんも、諸々の行動を思い出し、強く反省する事態に。

それからあれやこれやとあるわけなのですが(雑)、これ、読んでて本当にすごいと思ったんですよね。

 

だってそこらのラブコメなら、作中で言うところの「形式」を重視して、はい終わりって感じなんですよ。

あるいは友崎くんが好きって言った時点で、全て解決って感じです、絶対。

 

でもそこを深く掘って、解決したように見せてもまだ歪みが残って、むしろ深みを帯びて露出し始めて、ぽつぽつと友崎くんが自分の業に気づいていくわけです。これまでもそうでしたけど、色んな人から話を聞いて、自分の考えと照らし合わせて、道を切り開いていく感じ。

ジンジン胸に響くんですよね、こういうの。

そしてその業は友崎くんだけじゃなくて菊池さんも抱えていて、多分、2人とも結構「めんどくさい」って見えるような人間らしさが出てるんですよ。

このね、恋愛へのリアルさというか(リアルさ≠現実にある)が、超好きでした。

 

というか、正直、今回の友崎くんは超面倒くさい。

梃子でも日南のことを諦めないし、「やりたいこと」を掲げて離さないし、悩んでるし。

でもそうやって自分のことに悩んで、けどその悩みが「やりたいこと」の多さとかで悩んでるあたりが、友崎くんが成長したんだなぁと実感したりしました。

 

アタファミ関連のことも、結構印象に残りました。

操作するキャラを「キャラ変」して、その方が強くなれると宣うnanasi。このかっこよさとか無邪気さみたいなものにぐっとくるんですが、それよりもその後の日南とのやり取りの方が「うぉ……」ってなりました。

個人的に日南推しなので、超いい。彼女とかとは違う、本当に戦友なんだなって実感するシーンでした。

だからこそ最後のアレは、胸をえぐられました……

「キャラ変」していたのは、日南だった、という事実。

てっきりnanasiに自分を超えて欲しいとかそういうものだと思っていたので、絶句しました。戦友がほしいわけではなかったんですね……

寂しくても平気って言葉もありますし、家族にも仮面を被っている事実もそうですし、本当に日南は……(語彙力)

友崎くんと水沢。2人がどう関わっていくのかが気になります。

 

それとは別に、友崎くんはむしろ「強キャラ」だという指摘も、個人的には物凄く胸が揺さぶらました。

「弱キャラ」というタイトルだからこその、このエモさ。

そしてタイトルでいえば、6,7章のタイトルのクリティカル具合も凄かったです。

特に6章。今後、ゲームやってたら思い出しそうな気がしてしょうがないです。

 

と、乱雑な文になりましたが、今回はここまでで。

超良かったのですが、感想を書かなすぎて語彙力死亡という申し訳なさ。

ともあれ、10巻がものすごく気になります!

時期的にも、日南のあれこれが変わったところで完結なのでしょうか。それとも、その先での人生攻略も?

あと個人的に、本性日南と菊池さんの言い合いとか見てみたい気がしましたね。

 

それでは読んでくださってありがとこーざいました!