ライトノベルにありがとこー

読書した本について感想を書いていくブログです。 自称偏読家。

「聖剣士さまの魔剣ちゃん1~孤独で健気な魔剣の主になったので全力で愛でていこうと思います~」をすこれ!

こんにちは、とこーです。

今回はHJ文庫公式レビュアープログラムでいただいた「聖剣士さまの魔剣ちゃん」について書いていきたいと思います。

ネタバレなしでいきますよ!!!

 

 

さあ、いきます!

あのですね、まず色々という前に言いたいんですが、この作品はすごい読むべきですよ!!!!!

HJ文庫公式レビュアープログラムということで何冊か読ませていただいていますが、その中でもこの作品はダントツでいいと思います。なので、読んでね、というところをこれから書いていきますね。

 

まず、全体的なテンションが、本当に僕好みでした!

なんとなく、大筋だけは小説家になろうでも見かける追放ものを踏襲してるんですけど、もうその跡形もないくらいに魔改造されていて、凄まじくハイテンションなのが超いい。

かといって、そのテンションの高さが、コメディの押しつけになってはいないんです。

これが、なかなかすごい。

異世界ものの中には「こういうのが面白いんだろ?」みたいなコメディを押し売りしてくる作品もあると思うんです。それこそ、作品のベースの空気と外れてて、「ん?」ってなったり。

でもこの作品はそういうことがちっともないんです。すっごく笑えますし、それが作品の根底と食い違ってないんです。だから、もの凄くするっとコメディが受け入れられて、すっごい面白いんですよ!!!

 

 

でね、でね。

タイトルを見てくださればわかると思うんですけど、魔剣ちゃんがすっげぇ可愛いんです。もうそれだけで白飯何杯もいけるレベル。

そしてそんな魔剣ちゃんを愛でる周囲のキャラとの掛け合いがくっそいい!

ファンタジーで最近流行りのいちゃラブものをやったらこうなるのかも、というのがビシバシ伝わってくるのです!!!

 

 

そしてね、主人公至上主義の僕が満足できるくらいには主人公もかっこいい。かっこよさがスルーっと水面下に隠されていて、そこが激しくいい。

加えて、その他のキャラももの凄く濃く、誰も彼も彼もが魅力的なのです!

 

と、いうことで。

コメディがいい、ヒロインが劇かわ、主人公がかっこいい、キャラが濃くて魅力的と!

無茶苦茶にいい作品なので、ぜひ発売した際にはお読みください!

※レビュアープログラム参加だからと忖度してるわけじゃないですよ、マジで!

 

それでは読んでくださってありがとこーざいました!