ライトノベルにありがとこー

読書した本について感想を書いていくブログです。 自称偏読家。

『魔女と猟犬』感想

こんにちは、とこーです。

今回はTwitterでも話題になっている、「いやもうこれ絶対面白いやつやん」な魔女と猟犬の感想を書いていきます。

魔女と猟犬 (ガガガ文庫)

魔女と猟犬 (ガガガ文庫)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それではいきます。

さて、まず最初に言いたいのは魔女と猟犬の神PVですよ!

私、実は魔女と猟犬は買うつもり無かったんですけど、あのPVと公式サイトのかっこよさで即買うことにしましたからね。

まだ読んでいない方は、とりあえずこんなチンケな感想を読む前に公式サイトへレッツゴーです!!!!

 

 

で、内容なんですが。

まずですね、私は基本ファンタジーが苦手なんですよ。読むとしたら小説家になろうで投稿されるような、もの凄く分かりやすい「なろうもの」くらいです。あとはラブコメしか読まないですし、ファンタジー要素があっても基本はラブコメ、というのばかりだったんです。

しかし、この作品。

買って、読んで、すごい読みやすいんですよ。三人称っていうのもまた私的には苦手なはずなのに、開幕数ページで速攻引き込まれる。時間の関係で一気読みといかなかったのが残念なくらいです。

「お前は、どんな“魔女”の物語を知っている?」っていうのがかっこいいですし、そこから主人公たるロロの話になっていくのも、すごいいい。

ほかのファンタジーを知らないのでなんとも言えないんですが、するする読めて、なのに重圧に感じるストーリーっていうのはむちゃくちゃすごいんじゃないかと思います。私も、読み応え抜群すぎてほわほわしましたから。

 

ストーリーの大筋としてはあらすじのまんま。

端的に言えば超ヤバイって言われてる魔女たちを集めていくストーリーだけど、その過程で邪魔とか入るし、国家間のいざこざとかも......って感じです。

でももしそういうあたりを細かく理解できなくとも、キャラの魅力だけで白飯三杯はいけますね。

 

 

特にロロ!

犬の話で、自分と共に育った犬を殺さなきゃいけないところで、殺さない道を選んだわけですよ!

これがね、もうこのかっこよさがすごい。そういうクソ喰らえ感って、もう絶対好きなやつじゃないですか!

その他、ロロの主人とかたくさん魅力的な仲間サイドもいるわけですが、それに加えて敵キャラまでグッとくるのだから、すごい。

男の子の好きなワード盛モリセットかと思うくらいに厨二心を刺激されますし、実際にバトルになった時の手に汗握る感じは圧巻。

想像力に乏しいので脳内映像化とかできないんですが、それでも「おおお!!!」ってなりました!!!

 

 

 

こほん、謎のテンションになりました。

ともあれ、この作品はとにかくかっけぇってことです。

あとは、あれ。忠義とか、主従関係の話も私はすごい性癖なので、最後の方はグッときました。

 

 

全体的に、やっぱり1巻なので物語の開幕的な部分も強いと思われます。ネタバレを恐れずにいえば、1巻の主要キャラの何人かは死んでますし。

けどその分魔女も仲間になってくれましたし、今後が楽しみです。

今後の魔女はどんなキャラなのか、九使徒との戦いは....? 超気になるので、続刊出たら絶対買う作品です!

 

 

それでは今回はここまで。

みなさんもぜひ読んでみてください。

読んでくださってありがとこーざいました!